映画「ムーンライト」

  • 2017.06.25 Sunday
  • 16:42
358996_001.jpg
ブラッド・ピットが製作陣に名を連ね、さまざまな 映画祭・映画賞で高評価を得たドラマ。マイアミの貧困地域に生きる黒人少年が成長する姿を、三つの時代に分けて追う。(Yahoo!より)

この映画が、今年のアカデミー作品賞をとったのには

ハリウッドの良心を感じた?

『ラ・ラ・ランド』よりずっといい〜

ま、偏見の強いトランプ政権などに対する当てつけもあるのか

というのも、とにかく黒人が出まくってるうえ

彼らはレズでもある

ある意味、数年前に『ブロークバック・マウンテン』が取れなかった作品賞を

ゲットしたのは、画期的!
(授賞式での間違いも含めて)

そして出だしから、彼ら黒人の演技力を見せつけられる

ラフで自由で、圧倒的な演技〜

それを見ていると、日本人がいかに映像演技が下手か…

そういう人種かと思わされる
(マジメで型にはまりすぎる)

そして、時間の経過という

映画ならではのマジックを使うことで、

この映画は別次元に入っていく

イジメられていた奴が、大人になり麻薬売人になってたり

しかし過去のことを引きずっていたり

そういう人生の深さが出ている

これこそ映画だな、と思う

あとアメリカ南部に留学していたこともあり

南部の空気感を思い出した♪

あー

独特の匂いや、芝生の風、夜の電灯

そういうことはめったに感じられることではない

なんとも特殊な映画だし、インディペンデントな匂いのする作品

大作ハリウッドではないアメリカ映画

つまり、売れることだけ考えたものではないていうもの

日本でも安部政権に対して、

このような作品が作られてもいい頃では☆

ふし(..)

撮影クランクアップしたよ

  • 2017.06.19 Monday
  • 16:43
DSC_1868.JPG
2017年

2月からリハーサルをし

3月から撮影してまいりました

新作サバ長編〜

ようやく撮影クランクアップしましたです!

ありがとうございます!

色々と皆さまにご迷惑もかけましたです!

おかげさまで、何とかたどり着きました

よい作品になるように、編集ガンバってください

はい、がんばります(笑)

色々あった撮影なので

振り返るとキリがないから

それは編集しながら個人的に反省するとして

皆さん、愛してますっての〜

写真は、

左からゲスト出演的に高橋直子、板倉英子、

また主演の米澤成美、助演の松岡峻

ほぼ皆勤賞の二人、ご苦労様でした

あ、米澤さんの眼帯は役作りですね☆

ホラーですから♪

他の出演者の紹介も少しづつできればと!

POP
<+)))><<

『しみじみなさばさば』について

  • 2017.06.16 Friday
  • 16:46



改めまして

『しみじみなさばさば』について
(ちゃっかり告知しながら)

少し書かせて下さい☆

第9回オイド短編映画祭で入選しまして

2017年6月24日(土)17:30から、

渋谷アップリンクにて上映されますが

この短編はですね、いや

中々浮かばれない作品だったんですよ

上映会なんかでは割と好評だったのに〜

ようやく浮かばれた?

はい、2015年の2月に撮影したんですよ

@ヨガ教室、カフェ、茨城ロケ

計3日間ですか

オープニングシーンがヨガ教室で、

そして前半カフェ、後半は茨城が中心

てな感じの撮影、2月だったので寒かったな

また、長編『東京サバ女子かくめい』を撮影する直前で

脚本自体は、その後に書いたもの

新しいメンバーも入り、熱気にあふれてたかもです(笑)

ありがたいことに

監督的には、前年度の欲求不満から…

解放され、ほんと上手い役者に囲まれ

幸せでしたね♪

あとリハーサル時間をちゃんと取ったことも

大きかったです

へへへへへへへ

しかも、この茨城ロケで

最後のカットを撮り終えるとともに

バッテリーが消えるという危機?事件?奇跡?がありまして

これ誰にも言ってないんですが(たしか)

最後のサバさんの絵、カットする前にバッテリー消えて

「え、もしか今の撮れてないんじゃね?」

とか不安になるのを隠しながら(汗)

夕暮れの茨城を後にした記憶があります♪

結果的に録画されてて、ホッとするとともに

映画の神様に感謝しました
(今でもしてます!)

とにかく、そんな短編は

東京サバシリーズの中でも

実はかなめとなる作品ですし、

ぜひ見てほしいな★

出演:橋本亜紀、小沢充、三條主税、上松大祐、杉山正弘、石川久美子、平生有希恵、廣田茂
音楽:松本龍之介
監督:伏見優作

あ、言い忘れたけど

音楽が本当に素晴らしいんです♪

あと出演者はもちろんだけど

茨城ロケのシーンなんて、

昔のアートフィルムみたいだったりします

かなり好きです。

とにもかくにも、

感謝。

ふし

 POP
<+)))><<

(↑新しいサバ女のマーク、サバ映画について書く時のみ使用)

FUSSIみるWS(演技ワークショップ)、後半募集

  • 2017.06.15 Thursday
  • 15:36

CjmkKjzUUAAGlAP.jpg
はい

2017年2月から始めました演技WS

少人数ですが、なんとか続けておりまして

6月に短編撮影〜

さらにキャスティング・ワークショップ(兼リハーサル)を続け

夏以降、中編映画などを撮影するつもりです♪

 

というわけで、

 

映画に出演したい俳優の、後半募集あります

下記ブログにも、すでに詳細ありますが

FUSSIみるWS
【場所:練馬区光ヶ丘(大江戸線)、毎週火曜日19時〜21時、場所代:2000円、定員:残り4名】
(面談・無料カウンセリングあり、〆切2017年6月末)

 

五感を使った演技術を学びたい方

 

映像のための演技方法を知りたい方

 

やる気のある若手俳優

応募・問い合わせメール→fussi358@gmail.com

(名前、生年月日、最寄り駅、出身地を明記)

サバ映画ともども、よろしくどうぞ☆

 

※2、3日以内にお返事します。 (万が一返事ない場合は、申し訳ありませんが再度メールして下さい)

★7/11(火)ワークショップ後半開始(定員、残り4名決まり次第〆切)(初回は無料体験レッスン)

●2017年7月〜8月、演技ワークショップ (週1回、基本的に火曜日の夜19時〜21時、5/2と8/15は休み、8/29まで)

●2017年8月から撮影→10月までの予定 (上映会→2018年夏頃?) 予定は変更になる場合があります

「演技のレベルが上がります」

「映像の演技に対する理解が深まります」

「役に対する方法論を学べます」

「まずお話ししましょう」

「映画を愛する監督」

問い合わせメール

 


【主宰・伏見優作プロフィール】
留学中にニューヨーク大学で映画作りと出会う。 龍谷大学文学部英米文学科を卒業後、大阪の映画スクールに一年通い、井筒監督に師事する。いくつか自主映画を作った後、上京し井筒監督の現場「パッチギ!LOVE&PEACE」などに参加。また演技訓練も受けて、鴻上尚史やシェイクスピア、ニール・サイモンなどの戯曲、『十二人の怒れる男たち』の舞台にも出演。そして2011年の震災を機に、インディーズ映画を再開。2013年からの「東京サバ女」映画シリーズは、シネドライブ映画祭、福岡インディペンデント映画祭、新人監督映画祭、名古屋シネマテーク、オイド短編映画祭などにおいて上映★

 

(^-^)v

第9回オイド短編映画祭

  • 2017.06.14 Wednesday
  • 16:00

DSC_1900.JPG
(写真は、2017年4月のオイド短編映画祭・選考上映会)

はい

忘れ去られる寸前?

サバ映画シリーズでは

キーポイントとなる短編

『しみじみなさばさば』(19分、2015年)

が入選しました♪

「第9回 オイド短編映画祭」

6/24(土)17:30から、渋谷アップリンクにて

上映されます★

ほーーーんとに(笑)

ありがたいことです☆

以下詳細

2017年6月23日(金)〜26日(月)

絞り込まれた29作品が上映されます。

http://oidosff.com/

オープニング6月23日は、実行委員会のホームグラウンド・高円寺アンノウンシアターでスタート

翌24日〜26日の3日間は、渋谷アップリンクにて〜

●6月23日(金)高円寺・アンノウンシアター
OPEN 20:00/START 20:30
「タムラカナエと丸山というおのこ」
「23:60(にじゅうさんじろくじゅっぷん)」
「May Peace Prevail on Earth」
Talk Session 21:30〜22:00

●6月24日(土)渋谷・アップリンク
Part1 OPEN 17:15/START 17:30
「長い沈黙のまえに」
「明日の空は何色ですか」
「しみじみなさばさば」
「ピンぼけシティライツ」
Talk Session 18:55〜19:30

Part2 OPEN 19:45/START 20:00 「DEPARTURE」
「鏡椅子」
「呪女」
「夢の果てに」
「かわいた空」
Talk Session 21:20〜22:00

●6月25日(日)渋谷・アップリンク
Part1 OPEN 17:00/START 17:15
「悲しみのマリー」
「初恋」
「明るい部屋」
「乗換案内」
「絵肌 マチエール」
「靴屋と彼女のセオリー」
Talk Session 19:00〜19:25

Part2 OPEN 19:30/START 19:45
「FILAMENT」
「マインドギア」
「化粧崩れ」
「残された者たち」
「鬼門」
「ときめき一念発起」
Talk Session 21:20〜22:00

●6月26日(月)渋谷・アップリンク
OPEN 19:00/START 19:15
「顔のない男」
「朱音」
「それも恋」
「さよならの壁」
「ブルー・ジェーン」
Talk Session 21:05〜21:45

当日券:1,800円
前売券:1,500円

(各Partごとの入替制です)

前売り券は、出品者(プロデューサー、監督、脚本家などなど)から直接ゲットか

上映会場(アップリンク、アンノウンシアター、高円寺4th)他にてお求めになることもできます

ということで、

ご来場、お待ちしておりますね!

よろしくお願いいたします。

ふし(^-^)v

「自分が働くことが世の中のためになっている」

  • 2017.06.13 Tuesday
  • 15:09
C45B6SqVYAMi7MX.jpg
『働くのはお金のためだという人もたしかにいるけど、やっぱり本当に大事なのは「自分が働くことが世の中のためになっている」という実感です。』

by 水野学『「売る」から、「売れる」へ。』

ふし

ハンドメイド映画

  • 2017.06.10 Saturday
  • 22:56
CkkdU-LW0AAOqKy.jpg
なるべく良質の

手作り料理(映画)を

お届けしようと思ってます♪

既製品のような大味でもなく、

安易なテレビや、CG多用のハリウッド映画でもなく

真心こめた作品で、

しかも一定のクオリティを保ちつつ

産地直送〜身近な俳優が出ている!

そして何より

ドキュメンタリーのような素材であること。

あまりにもアニメやファンタジー人気が高いので

それはそれでいいけど、

ドキュメンタリー方面もテコ入れしたいかなと

フィクション(ドラマ)だけどね

そして、インディペンデント(独立系)〜

ここに「ハンドメイド・ムービー宣言」を出します。

個人的には、白黒映画にこだわっていくつもり

あ、アーティスティックな方の白黒ですよ(笑)

古くさい方じゃなくて(^o^;)

さらには、劇場公開が当面の目標★

ふし

短編『すれ違い』YouTube

  • 2017.06.09 Friday
  • 17:30



ふし(..)

DVD「サウスポー」

  • 2017.06.08 Thursday
  • 14:21
169573_03.jpg
好きな映画でもある 『トレーニング デイ』の

アントワーン・フー クアが監督

主演が、これまた好きなジェイク・ギレンホール

とくれば、面白くないはずはない

しかも、サウスポーのボクシング映画!

と、思いきや微妙に外してしまってる?

『ロッキー』シリーズなど、既視感があるし

うーん、いまいち…

いえ転落劇というのは、成功物語に比べると描くのが難しい

そう、ロッキーだって初期のサクセスストーリーが最高で

成功した後は、見せ方が困難〜

この映画は、ファイトシーンはいいんだけど♪

重要な娘との関係が、いまひとつ

これならミッキーロークの『レスラー』のほうが

断然よいよ☆

ただトレーナー役のフォレスト・ウィテカーは

さすがの俳優力

ふし(^.^)

若干数オーディション(夏頃撮影予定の中編映画)

  • 2017.06.06 Tuesday
  • 22:34

CxUarHBXUAA3fhr.jpg

 

はい、

 

現在しているリハーサル
(ワークショップ)

6月に短編を撮影~

続けまして、夏頃に東京近郊で

中編映画「KとS」(仮)の撮影を予定しております
(来年には長編化するかもしれません)

大阪から出てきたミュージシャンたちをめぐる青春群像映画です

ついては、オーディション(無料カウンセリング込)を行います

やる気のある方のご応募、お待ちしております。


条件
・20代の若手俳優
・毎週火曜日19時〜21時、リハーサルに参加できる方(8/29まで、お盆はお休み)
・場所は東京の練馬区光ヶ丘(大江戸線)になります
(場所代として一回¥2,000)

内容
・五感を使った演技ワークショップ

・映像のための演技訓練
・男女の等身大のドラマです
・中編撮影は、8月〜9月頃予定
・映画祭出品予定

※インディーズ映画です。

 



オーディション・面談(無料カウンセリング込)がありますので、
とりあえずメール下さい
(名前、生年月日、最寄り駅、出身地など明記)

fussi358@gmail.com

どうぞ、よろしくお願いいたします

 

監督:伏見優作

categories

recent comment

profile

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM