「その時限りで作られる芸術です」

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 14:13
main-32.jpg
「これから観ていただくのは、日本の典型的な娯楽映画だと思っております。笑いもあり、涙もあり、サスペンスもあり、そういう楽しい作品に仕上がっています」(映画『散歩する侵略者』について)

「ただ、その中にある個性のようなものをカンヌ映画祭が目ざとく発見して、選んでくれたんだなと思います。映画は、俳優やスタッフ、あるいは時代がたった1回だけ出会って、その時限りで作られる芸術です。ですから、そうした個性を発見されるのが映画にとって、一番名誉なことだと僕は考えているんです」

by 黒沢監督(カンヌ映画祭にて)

(シネマトゥデイより)

ふし

TOKYO SABA GIRLS' TV ♯4(映画「東京サバ女」シリーズを広げるYouTube番組)

  • 2017.05.20 Saturday
  • 00:28
リニューアルしました♪
第4回のTOKYO SABA GIRLS' TV
2016年の上映会挨拶など〜
 
 
ふし(^.^) 

てっぺん撮影

  • 2017.05.18 Thursday
  • 14:48
DSC_2111.JPG
新作サバ映画ホラー

ほら、『東京サバ女子霊』

撮影真っ最中〜

もう終盤戦です!

連日のてっぺん撮影、、、

なかなか思うようにいかない

こともありますが

F1マシーンに乗ってる気分?

のりこなせば、かなりスピードでるはず

でも遅々として進まず…

いや困難、こんなんあり(笑)

ただ、そうした難関が楽しくもある

これこそ映画作り〜

インスタントにその場限りなら簡単だけど

継続できるよう、だからこそ1回1回全力つくしてます

あーしんど(苦笑)

とか言いながら

いや、いくつか撮り残しもあり?

また長い編集作業が待ってる
(わりと好きやけど)

それにしても、撮影あと少し♪

みんなガンバろっ

迷惑かけながら、感謝です

ふし(^-^)v

「撮影方法を変更すればいいだけで」

  • 2017.05.14 Sunday
  • 16:54
main-27.jpg
「小さな商店を出せるようにと、義母が妻のために用意してくれた300万台湾ドルを注ぎ込んだんです」

「だって当然のことだから。撮影をストップすることはできないから、方法を考えただけのこと。ただ、私はどんなお金を注ぎ込むことにもためらいはないけどね」

「集まった資金の範囲で撮るということです。撮影方法を変更す ればいいだけで、いくらでも映画は撮れる。お金が足りない? 関係ありませんね」

by 故エドワード・ヤン監督の長編第2作『台北ストーリー』(1985)について、監督ホウ・シャオシェン(キャリア唯一の主演作)

(シネマトゥデイより)

ふし

映画「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」

  • 2017.05.09 Tuesday
  • 14:45
807863_01.jpg
何十年ぶりかに見た

しかもスクリーンで、

あのベアトリス・ダルの美しい肢体

鮮やかな色づかい

ピンクの家、黄色いベンツ、青い空

ほんと最高だった〜

どうやらデジタルリマスターで、色をかなり直したらしい

どうりで!

少年の頃に見たのはレンタルビデオだったけど(笑)

それでもベアトリス・ダルの狂気はあまりに印象的で

頭が少し弱いけど魅力的なファム・ファタルの系譜にハマる、きっかけ?

あまり日本にはいないタイプだけど、『Picnic』のCharaとか近いかな

昔は、「お姉さん怖すぎるし、キレイすぎる」

って子ども心には刺激が強く(PG18)

今見ても、ベアトリス・ダルはキレイだけど

自分の年齢が上がったせいで

彼女も「子どもなんだ」ということが分かる

しかもその子どもっぽさが、突き抜けてて

乱暴にテーブルの物を落としたり

窓から投げ捨てたり…

1986年の作品だから、カウンターカルチャーは一段落してて

その中で、自家中毒気味な二人は

気楽なアバンチュールから、パリに戻ってしまう

そして悲劇は訪れる

主人公のジャン=ユーグ・アングラードも無法者ではなくて

一応肉体労働をしたりしている(しかも作家)

そのへんの反抗と統一(社会化)へのキョリ感が

図ったわけではないかもだけど、絶妙♪

同じ頃に作られたレオス・カラックス『汚れた血』

リュック・ベッソンの『グラン・ブルー』とともに

80年代の映画史に残るジャン=ジャッ ク・ベネックス監督の

一組の恋人たちのあまりにも激しい愛の行方

独創的な物語と映像美でつづったフランス映画☆

未見の人はぜひ(^-^)v

ふし

『やはり「逆から見る」ことに商売の ヒントも溢れている』

  • 2017.05.08 Monday
  • 16:30
CwFKB3hWIAAWQWD.jpg
『人生とは、 アレが無い、これも無い、アイツのせいだ、自分はダメだ、 ・・・・このように自分が思う間は、ドンドンと自分の周囲から金も人も離れて行きます。 貧乏神を避けていたつもりが、何と自分自身が貧乏神だったというオチに成ります。

これとは逆に、人生とは、 アレも有る、これも出来る、あの人 の御蔭、こんな自分でも好きだ、 ・・・・このように少ない収入の中でも自分で思えた頃から、自分の環境が本当に変わり始めます。

* 親が嫌いだ。 もし自分が親で、自分のような子が 居れば、親である自分は何を思うの だろうか?

いや、自分は子供を持たないから、 そういう現実は無い。 と思うのは「逃げ」でしかありませ ん。

* 会社の上司が大嫌いだ。 でも、自分自身が幹部から陰で「数 字」を責められる上司の立場なら ば、私のような部下がいれば、どう するのだろうか?

もし自分ならば、部下に当たらず に、優しい言葉だけを言えるのか?

果たして、 ・こういう想像を自分は素直に出来 るのか? ・相手と逆の立場に成るパターン を、自分は考えられるのか?

このような「逆の立場」を想像でき る人は、 ・自分の環境も今とは「逆のよう な」改善が始まります。

コノ世とアノ世は、「映し鏡のよう な」反転する世界だと思ってくださ い。 コノ世で悪事で「良い思い」をすれ ば、アノ世では「反転して」「逆転して」辛い思い、「逆の立場」を確実に体験することに成ります。 これは宇宙法則だと思ってください。

だから、今の生きている内から、 「相手と逆の立場」を想像することは、非常に有効な改善のヒントと成ります。 世間では、仕事は「逆転の発想」などと成功論が昔から有ります。 やはり「逆から見る」ことに商売の ヒントも溢れている訳です。

アノ世は、「コノ世で自分が感謝し ていた事」が与えられる・出現する 世界です。 これを知っているだけでも、今の生 き方が変わって行きます。 「来生の」自分自身の富裕・健康 も、「今の自分の思い方」が決めて 行きます。 生き方、思い方、のヒントにして頂 ければ幸いです。

生かして頂いて 有り難う御座います』

by 伊勢白山道

茨城ロケ

  • 2017.05.01 Monday
  • 15:13
DSC_1936.JPG
行ってきました

茨城ロケ〜

2年ぶりとなる撮影は

もう勝手知りたる場所、感覚(笑)

あまり撮影も詰め込まず

サクッと撮れるように?

脚本段階から想定してました

ま、もちろん想定外のことも起こりますが(苦笑)

それもゲリラ撮影ならでは…

ということで、あらゆることを楽しめる余裕が

まだあったかな(..)

いい絵は撮れてるはず♪

ちなみに写真は遠景ですが、

左がマリモ役・米澤成美、右がサバさん役・荒井久美子

さ、残りのサバ撮影

5月も気を抜かずに頑張ろう!

ふし

サバ撮影

  • 2017.04.27 Thursday
  • 15:17
DSC_1852.JPG
ハンドメイド・ムービーです

手作りの味がするんです〜

ハリウッドムービーとは違って
(名づけて、ふしりっどムービー)

商業映画に負けない温かさ?

そのようなものを感じてもらえたら

うれしいな( 〃▽〃)

質の高いものを目指しつつ

ま、今回はホラーだけど(笑)

写真は、マイクもやってくれたりと活躍

アユ役の新キャスト、渡辺優美!

他の方にも感謝ですよ☆

ふし

DVD「おとぎ話みたい」

  • 2017.04.24 Monday
  • 15:12

165248_01.jpg
印象的だった『溺れるナイフ』を見て

山戸結希監督の50分の初期作品

TSUTAYAでレンタル開始されてた

『おとぎ話みたい』を見てみると〜

これまた鮮烈♪

久々に血が飛び出んばかりの

生まれたての赤ん坊みたいな

斬新さを孕んだ映画。

多少MV風なのかなとは思うけど、

後半のダンスシーンからの編集の妙は

たしかにエモーションを生んでいて

『溺れるナイフ』にもあった突き破る衝動が

ドクドクと吹き出してて

『おとぎ話みたい』な女の子の哲学的自問自答が

心地いい

さらには、おまけでついていた映像が凄まじく

映像、演技(ダンス)、音楽が一体となったMVは

新宿か銀座かで撮影されたワンシーンワンカット

息を飲む白黒映像?

ぜひ見てみてほしい



それはまさに「おとぎ話」というバンドのミュージックビデオ

(山戸監督による)

若き彼女にはこれからも注目☆

アンチに負けずに頑張ってほしい(^.^)

ふし

『あなたが望む世界がなければ』

  • 2017.04.22 Saturday
  • 19:46
C034tFfXAAIBv_E.jpg
「これまでメディアや映画、さらに雑誌などのサーフィンの写真 では、男性ばかりが取り上げられてきた。たまに女性の写真を見ても、大抵は (セクシーな)ビキニを着た女性モデルがサーフボードを持っているものばかりだった。男性と対等にサーフィンを試みる真の女性サーファーたちや女性サーフィン文化を捉えた映画は数作品しかなかった。そこで、『あなたが望む世界がなければ、(自分で)想像して作れ』という哲学に従うことにした」

by ソウル監督

(「ステイシー・ペラルタ監督の 『DOGTOWN & Z-BOYS』や、世界的なサーファー、レイアード・ハミルトンが出演したデイナ・ブラウン監督の『ステップ・イントゥ・リキッド』などに影響を受けた」という)

ふし

categories

recent comment

profile

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM